PR TIMES

「産業保安分野の生産性向上を実現するデジタル推進人材を育てる!」充実した2日間コースの講習会を開催します

JEITA

一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)は、2024年3月6日・7日に産業保安分野における設備管理の高度化・生産性向上を実現するために必須となるデジタル推進人材(リーダー人材)の育成を目指し、実務に役立つ知識・スキルが獲得できる講習会を開催します。


■開催主旨
産業保安分野において、保安レベルの持続的向上や構造的な課題(人手不足・ノウハウ継承)への対処のため、IoT・AI・ビッグデータなどのデジタル技術を活用した“スマート保安“に期待が寄せられています。スマート保安は、いざ導入しようとすると、同じ目的でも様々なソリューションがあるため選定に悩むことや、経営層や現場の理解に一定のハードルがあり、また導入後も適正な運用や評価できないと、得られる効果も減ってしまうことがあります。

こうした課題を解消するためには、社内において先進的役割を果たすことのできる人材(リーダー人材)の存在が重要となります。そこで本講習会では、スマート保安を導入する企業において、今後必要となる知識・スキルなどの情報を、リーダー人材の観点も取り入れつつ、実習も交えながらお届けします。

※スマート保安とは:
 いわゆる産業保安分野のデジタルトランスフォーメーション。
 デジタル技術の導入により、設備保全・安全・生産性の向上や業務効率の改善等を行うことです。

■講習会概要  ※詳細 https://www.jeita.or.jp/japanese/exhibit/2024/0306.pdf
 タイトル スマート保安に係るリーダー人材育成講習会   (通算2回目)
 日  時 2024年3月6日(水)・7日(木) 
        ※2日間コース / 1日目 13:00~18:00、2日目 9:30~16:30 予定
 会  場 JEITA会議室 (東京都千代田区大手町 1-1-3 大手センタービル 4F)
          https://www.jeita.or.jp/japanese/about/location/index.html
 定  員 約30名
 主  催 JEITA スマート保安に係る検討会
 
■主なプログラム
  座学:プラント/製造現場のスマート保安入門、テクノロジーの活用によるデジタル化
  実習:真の課題抽出、投資効果の定量的説明ロールプレイング
 
※詳細は以下のURLをご参照ください(PDF)
  https://www.jeita.or.jp/japanese/exhibit/2024/0306.pdf

■ 主な対象者
 1. プラント・工場の事業者で次のような人材を目指す方
  ・ デジタルリテラシーを持ち、自社の課題抽出やベンダー提案を自社プロセスに
落とし込んで良否を判断できる人材
  ・ 現場保全員への適切な説明及びシステム導入への理解醸成ができる人材
  ・ 投資効果(生産性向上・リスク回避・品質向上等)を一定程度、定量的に説明できる人材

2. 経済産業省 認定事業所制度への適用を目指す事業者の生産管理部門や
   経営層と現場の橋渡しをする部門の方

■ 参加費
 30,000円 (税別) ※お申込後、事務局より請求書をご送付します

■ 申込方法 
 次のWEBフォームよりご登録ください。
 https://www.jeita.or.jp/form/custom/310/form
 ※申込期限:2月16日(金) … 期限後でも、定員に達していない場合は、申込みを受付けます。
               (期限後は事務局へお問合せください)
  上記フォームが利用できない場合は以下のURLより、申込書を取得の上、事務局宛にご送付ください。
   https://home.jeita.or.jp/upload_file/20231130144252_NyO3Zu4PUR.xlsx

■ 備 考
 申込後のキャンセル・参加費の払戻は基本的にお受けできませんので予めご了承ください。
――――――――
一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)では、より広範な社会課題解決と新産業創出による経済発展を促すべく、業界の枠を超えて、新たなビジネス創出を目指す「JEITA共創プログラム」に取り組んでいます。このプログラムの一環として、2019年から産業保安分野のDX=“スマート保安”をテーマに、産業保安分野の競争力強化と、関係する事業者のビジネス領域の拡大を目指した事業を推進しています。JEITAのスマート保安事業に関する詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.jeita.or.jp/japanese/pickup/category/2021/smart.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ