PR TIMES

音声解析AI電話「MiiTel」、コムデザイン「CT-e1/SaaS」と連携

レブコム

株式会社RevComm(レブコム、本社:東京都渋谷区、代表取締役:會田武史)が提供する音声解析AI電話「MiiTel」が、株式会社コムデザイン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:寺尾 憲二)が提供するクラウドCTI「CT-e1/SaaS」と連携しました。音声解析AI電話「MiiTel」のIncoming Webhook機能により「CT-e1/SaaS」利用企業が、MiiTelのAI音声解析機能を利用することができるようになります。


「CT-e1/SaaS」は、コムデザインが提供するクラウド型CTIサービスです。低コスト・専用設備不要といった
クラウド型サービスのメリットに加えて、機能の網羅性の高さや、導入企業ごとの柔軟なカスタマイズが可能と
いう特長もあり、累計1,550テナント31,000席以上の企業に採用されています。

レブコムが提供する音声解析AI電話「MiiTel」は、インサイドセールス市場を中心に、電話営業におけるトークの可視化とセルフコーチング、テレワーク体制構築に活用されています。2023年7月に、音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」にIncoming Webhook(インカミングウェブフック)機能を追加しました。これにより、AI解析プラットフォームである「MiiTel Analytics(ミーテルアナリティクス)」に他社の電話システムの音声を取り込み、文字起こし・音声感情認識を含む音声解析・ChatGPTによる要約機能などを利用することができるようになりました。

このたびの「CT-e1/SaaS」との連携により、「CT-e1/SaaS」利用企業は使い慣れたコールセンター機能を利用しながら、音声解析AIを活用した全文文字起こし、要約、話速やトーク・リッスン比率、抑揚などの通話音声分析、音声感情認識といった情報を自動的に取り込み、一人ひとりのスタッフのセルフコーチングやコールセンター業務全体の品質向上に役立てることができるようになりました。

レブコムは今後も「コミュニケーションを再発明し、人が人を想う社会を創る。」というミッションのもと「MiiTel」の提供価値向上に努め、企業の生産性向上に貢献してまいります。

株式会社コムデザイン代表取締役 寺尾 憲二様 コメント

弊社は完全自社開発のアーキテクチャによるテレフォニー・プラットフォームとしてクラウド型CTI「CT-e1/SaaS」を展開し、現在は国内コールセンターにおいて数席から1,000席にいたる幅広い規模でご利用いただいております。従来のコールセンターではCTIとCRM、またチャットなどのオムニチャネルを利用することが一般的でありました。それに加えて、昨今では連携が実現した「MiiTel」を筆頭にコールセンターの会話そのものに着目したソリューションの活用が注目されています。顧客との会話はコールセンターの主要な要素であるにもかかわらず、これまでは定量的なデータとして扱えず活用が難しいことが課題でした。その課題を「MiiTel」はテクノロジーによって解決し、会話が持つ価値を見直す契機となっております。このムーブメントは、顧客接点としてのコールセンターが持つ価値の見直しにつながり、カスタマーサポートのみならず、マーケティングやセールスにおいて欠かせない存在へと変革していくのではないかと期待しております。このような変革を引き続きテレフォニー・プラットフォームとして「CT-e1/SaaS」はサポートしてまいります。

株式会社RevComm 代表取締役 會田 武史 コメント

多くのお客様、並びにパートナー企業様からのご要望を受けて、2023年7月にIncoming Webhook(インカミングウェブフック)機能の提供を開始しました。これにより、現在ご利用中の電話システムを切り替えずにAI解析プラットフォームである「MiiTel Analytics(ミーテルアナリティクス)」をご利用頂けるようになりました。
このたび、「CT-e1/SaaS」との連携により、すでに「CT-e1/SaaS」を利用しているお客様に音声AI解析機能を利用いただくことが可能となりました。今後さらに多くのお客様の売上向上・生産性向上・働き方改革への貢献を目指してまいります。
また、電話のみならず、Web会議を解析・可視化する「MiiTel Meetings」、対面での会話を解析・可視化する「MiiTel RecPod」を併せてご利用頂く事で、全ての音声コミュニケーションをビッグデータとしてアセット化することができます。生成AIが広く普及して以降、MiiTelでビッグデータ化した音声データを元に個社固有のLLMやGPTを構築する動きにも繋がっております。創業当初より構想して参りました「音声コミュニケーションのプラットフォーマー」に一歩近づく事ができ、大変嬉しく思います。

株式会社コムデザイン 会社概要

コムデザインは、2000年に創業。2008年からクラウド型CTIサービス「CT-e1/SaaS」の提供を開始。高い拡張性を持つ自社開発のアーキテクチャと利用者のニーズにきめ細かく対応可能な独自のサービスモデルにより、小規模から大規模まで業種を問わずコールセンターに支持されています。近年はCCP※として、”会話”そのものをデータ化して扱う、音声認識や会話解析などのコールセンターDXソリューションとの連携を促進し、コールセンターの新たな価値創造をサポートしております。
※CCP(Converged Communication Platform)とは
「CCP」とはカスタマーとコミュニケーターの“会話”を利用するコールセンターDXソリューションの仕様にあわせて、「音声データ」または「テキストデータ」を柔軟且つ手軽に連携することが可能なプラットフォームコンセプトです。

・企業名  :株式会社コムデザイン
・所在地  :東京都千代田区平河町2-7-5 砂防会館本館3階
・代表者   :代表取締役社長 寺尾 憲二
・事業内容 :CTIサービス提供、パッケージ化、受託開発
・企業サイト:https://comdesign.co.jp/

株式会社RevComm 会社概要

「コミュニケーションを再発明し、人が人を想う社会を創る。」という理念のもと、音声技術とAIにより、コミュニケーション課題を解決する企業です。
音声解析AI電話「MiiTel」は、インサイドセールス市場を中心に、営業やコールセンター業務におけるトークの可視化とセルフコーチング、テレワーク体制構築にご活用いただいています。また、AI搭載オンライン会議解析ツール「MiiTel Meetings」は、複数人でのオンライン会議の解析や振り返りが可能となり、営業の成約率を飛躍させます。オフライン(対面)の商談を可視化する「MiiTel RecPod(α版)」の提供も開始し、コミュニケーションが発生するすべての場所における会話のビッグデータ化を実現します。
Forbes JAPAN「日本の起業家ランキング TOP20」、週刊東洋経済「すごいベンチャー100」に選出されたほか、2023年4月にはアジア企業で唯一、米国「Forbes AI 50 2023」に選出、2023年5月にはデロイト トーマツ グループ「Technology Fast 50 2022 Japan」で1位を受賞しました。

・企業名  : 株式会社RevComm
・所在地  : 150-0002 東京都渋谷区渋谷1-3-9 ヒューリック渋谷一丁目ビル7階
・代表者   : 會田 武史
・事業内容 : AI × 音声のソフトウェア・データベースの開発
・企業サイト: https://www.revcomm.co.jp/

※記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ