PR TIMES

キャップドゥー・ジャパン、「マネーフォワード ケッサイ for kintone」の『インボイス制度対応版』を2023年9月上旬にリリース決定!

株式会社キャップドゥー・ジャパン

~インボイス制度(適格請求書等保存方式)に対応した『マネーフォワード ケッサイ』と連携することで、インボイス関連業務の手間を大幅に削減~

株式会社キャップドゥー・ジャパン(本社:熊本県熊本市、代表取締役社長:森田 晃輝、以下キャップドゥー・ジャパン)は、マネーフォワードケッサイ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:冨山 直道)が提供する請求業務の代行サービス『マネーフォワード ケッサイ』と、サイボウズ社のクラウドツール『kintone(キントーン)』を連携する「マネーフォワード ケッサイ for kintone」に対し、新たにインボイス制度へ対応する機能を追加して2023年9月上旬にリリースいたします。


■「マネーフォワード ケッサイ for kintone」とは?
「マネーフォワード ケッサイ for kintone」とは、企業間後払い決済・請求代行サービス『マネーフォワード ケッサイ』と、サイボウズ社のクラウドサービス『kintone』を連携するプラグインです。

「マネーフォワード ケッサイ for kintone」を利用することで、『kintone』を利用されている企業様が、『kintone』上で簡単に『マネーフォワード ケッサイ』のサービスを利用できるようになります。これにより、与信調査や与信管理など、企業の請求業務にまつわる負担を大幅に削減することができます。

「マネーフォワード ケッサイ for kintone」についての詳細は、過去のプレスリリースをご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000062422.html

■「マネーフォワード ケッサイ for kintone」のインボイス制度への対応機能
「マネーフォワード ケッサイ for kintone」の『インボイス制度対応版』では、新たに「インボイス(適格請求書)モード」を搭載いたしました。

「マネーフォワード ケッサイ for kintone」と『マネーフォワード ケッサイ』の双方で「インボイス(適格請求書)モード」に切り替えを行うことで、『マネーフォワード ケッサイ』のインボイス制度対応機能をお使いいただけます。

※「マネーフォワード ケッサイ for kintone」と『マネーフォワード ケッサイ』のモードが異なる場合、インボイス制度対応機能が使用できませんのでご注意ください。

■『マネーフォワード ケッサイ』のインボイス制度への対応機能
『マネーフォワード ケッサイ』のインボイス制度への対応機能は以下のとおりです。

◎請求書単位だけではなく、納品書単位でも消費税端数計算に対応!

「請求書」だけでなく、納品書の代わりとなる「取引明細書」も『マネーフォワード ケッサイ』から発行できるので、普段納品書単位で消費税を計算している売り手企業も簡単に「インボイス制度」に対応したインボイスを発行することが可能になりました。

さらに、「電子帳簿保存法(以下「電帳法」)」にも対応済です。『マネーフォワード ケッサイ』のご利用で売り手側も買い手側※も「インボイス制度」と「電帳法」の両方に対応できます。

また、一部キャンセルが発生したときは、取引キャンセル→再発行の2ステップだけで適格返還請求書の発行が可能です。

※買い手側は仕入税額控除を受けるために必要なインボイスを受領でき、「電帳法」の法的要件を満たした請求書クラウド管理サービス『マネーフォワード ケッサイ インボックス』を無料で利用できます。

◎発行したインボイスはいつでもダウンロード可能、電帳法にも対応!
適格請求書発行事業者に求められるインボイスの写しの保存に対応し、発行したすべてのインボイスは、売り手側も買い手側※もいつでもダウンロード可能です。

※買い手側は仕入税額控除を受けるために必要なインボイスを受領でき、「電帳法」の法的要件を満たした請求書クラウド管理サービス『マネーフォワード ケッサイ インボックス』を無料で利用できます。

『マネーフォワード ケッサイ』のインボイス制度への対応について詳しくは、以下のページをご覧ください。
https://mfkessai.co.jp/kessai/invoice

■マネーフォワードケッサイ株式会社からのエンドースメント
いよいよ2023年10月よりインボイス制度が施行されます。ご好評いただいております「マネーフォワード ケッサイ for kintone」においても、インボイス制度対応を開始することができ大変嬉しく思います。
本対応により、インボイス制度施行後も安心してご利用いただけるようになり、より一層、中小企業の皆様のバックオフィス業務のDX化に貢献できると確信しています。
今後も株式会社キャップドゥー・ジャパン様と共に、安心で快適な企業間取引を提供できるよう努めてまいります。
(マネーフォワードケッサイ株式会社 取締役 兼 ケッサイカンパニー カンパニーCRO 田中謙太朗)

■サイボウズ株式会社からのエンドースメント
サイボウズ株式会社は株式会社キャップドゥー・ジャパンによる「マネーフォワード ケッサイ for kintone」の『インボイス制度対応版』の提供を心より歓迎いたします。
企業間後払いサービス「マネーフォワード」と業務改善プラットフォーム「kintone」が連携して、新たに「イン ボイスモード」が利用できることで、業務負担が削減され、お客様に貢献できることを確信しております。
今後もさらなるパートナーシップ構築に勤しみ、お客様に最適なソリューションをご 提供いたします。
(サイボウズ株式会社 執行役員 営業本部長 玉田 一己)

■サービス利用料金
「マネーフォワード ケッサイ for kintone」の『インボイス制度対応版』のサービス利用料金は以下の通りです。

利用料金:15,000円/月

※契約は年間契約(180,000円/年)となります。また、契約更新日の1ヶ月前までにお客様から解約のお申し出がない限り自動更新となります。
※『マネーフォワード ケッサイ』をご利用中の方のみ「マネーフォワードケッサイ for kintone」をご利用いただけます。
※「マネーフォワードケッサイ for kintone」のサービス利用料の年額180,000円は税別です。

「マネーフォワード ケッサイ for kintone」の詳細確認やお問い合わせは、以下のページから行えます。
https://mfkessai.co.jp/kessai/integrations/kintone/top

■マネーフォワード ケッサイとは?
『マネーフォワード ケッサイ』は掛け売りに必要な与信審査・請求書の発行発送・入金管理・未入金フォローなど、請求にかかわるすべてのプロセスを代行するサービスです。
万が一、未入金が発生した場合でも入金が保証※されるので、リスクの無い掛け売りが可能になります。また、売掛金も最短3営業日で入金されるので、キャッシュフローが滞るのを防ぎ、企業の成長を後押しします。
公式サイト:https://mfkessai.co.jp/kessai

※表明保証違反が審査通過後に発覚した場合等、例外的な場合は対象外です。

■kintone(キントーン)とは?
東証プライム上場企業の3 社に1社を含む、30,000社以上が利用しているサイボウズのノーコード・ローコードツール。ITの知識がなくても自社の業務に合わせたアプリを作成でき、日々 変化する業務にあわせた改良も簡単に素早くできます。主な機能として「データベース+ワークフロー+コミュニケーション」の特性があり、顧客管理、出張申請、業務日報など幅広い用途で活用できるため、現場主導の継続的な業務改善を実現します。
製品サイト:https://kintone.cybozu.co.jp

■マネーフォワードケッサイ株式会社について
名称  :マネーフォワードケッサイ株式会社
所在地 :東京都港区芝浦三丁目1番 21 号 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21 階
代表者 :代表取締役社長 冨山 直道
設立  :2017年3月
事業内容:ファイナンスサービスの開発・提供
提供サービス:企業間後払い決済・請求代行サービス『マネーフォワード ケッサイ』
スタートアップ向け資金調達サービス『マネーフォワード トランザクションファイナンス for Startups』
企業向け請求書カード払いサービス『マネーフォワード 請求書カード払い for Startups』
売掛金早期資金化サービス『マネーフォワード アーリーペイメント』
URL :https://mfkessai.co.jp/

※記載されている会社名および商品・製品・サービス名は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

■キャップドゥー・ジャパンについて
2016年3月8日設立。サイボウズ社の「kintone」をはじめとするクラウドツールを用いた業務改善コンサル事業を展開。現在、コンサルティング実績は全国400社以上、お受けした業務改善の相談は1500件以上。
企業理念「共に、歩む。」の精神のもと、国内法人のほとんどを占める中小企業のサポーターとして、業務改善の面から共に成長していきたいと考えております。また、「利益の1%を熊本の復興支援に寄付する」という起業当初から継続するグランドデザインに基づき、地元・熊本への貢献にも尽力。
公式サイト:https://capdo-jp.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ