PR TIMES

早期の認知症予防へ 記憶に関するアンケート調査 物忘れが増えたと感じる30~40代の過半数「10年前より睡眠時間短い」

株式会社CogSmart

物忘れの1位「人物名などの固有名詞」2位は「直前まで考えていたこと」

30代・40代からの早期の認知症予防で「生涯健康脳」の社会を目指しサービスを展開する株式会社CogSmart(本社:東京都千代田区、代表取締役:樋口 彰[※1]、瀧 靖之[※2])は、9月21日の世界アルツハイマーデーを前に、物忘れや生活習慣に関するアンケート調査を実施しました。30~40代を対象にした調査では、物忘れが増えたと感じる人の過半数が、10年前よりも睡眠時間が短くなったことが分かりました。また、物忘れの具体的な内容については「人物や場所などの固有名詞」と答えた人が最も多く、8割以上を占めました。そして約5割が「直前まで考えていたこと」と回答し、2番目の多さとなりました。

[※1] 日本法弁護⼠・英国法弁護⼠(Solicitor in England and Wales)/東北大学加齢医学研究所 分野研究員
[※2] 東北大学加齢医学研究所 教授 医師・医学博士/東北大学スマート・エイジング学際重点研究センター 副センター長

◆調査の背景
アルツハイマー型認知症は、顕著な脳萎縮を特徴としていますが、脳の中でも記憶を司る「海馬」の萎縮は、早い人で30代から始まります。また、睡眠や運動などの生活習慣の悪化によっては、加齢による「海馬」の萎縮以上に、萎縮が加速度的に進行することが分かっています。一方で生活習慣の改善により「海馬」の体積は何歳になっても大きくなり、認知機能を維持できることもわかっています。認知症予防を早期に行うには、30代や40代から生活習慣の改善をスタートすることが大切なため、今回の調査で30~40代を対象に調査を実施しました。

◆調査概要
調査対象:30~40代の男女
実施期間:2023年8月7日~8月21日
調査方法:インターネットリサーチ
有効回答数:502
※数値は、小数点第二位以下を四捨五入し、小数点第一位で表記しています。
※当データ使用の際は「コグスマート調査」とクレジットの記載をお願いいたします。

調査結果1. 6割以上「10年前に比べて物忘れが増えたと感じる」
30~40代に、10年前に比べて物忘れが増えたと感じるか聞いたところ「少し感じる」と答えた人が最も多く、38.8%となりました。また「感じる」は25.5%で、全体の64.3%が「10年前に比べて物忘れが増えたと感じている」ことが分かりました。

調査結果2. 8割以上「人物や場所などの固有名詞」を物忘れ 
上記の質問で、10年前に比べて物忘れが増えたと「感じる」「少し感じる」と答えた人を対象に、 どのような物忘れをするか複数回答で聞きました。1位は「人物や場所などの固有名詞」で81%を占めました。2番目に多かったのは「直前まで考えていたこと」で、49%と約半数となりました。また「その他」と答えた人の自由記述では「お会計をしたか否か」や「予定」などの回答がありました。

調査結果3. 物忘れが増えたと感じる人の過半数「10年前より睡眠時間が短い」
10年前と比べて物忘れが増えたと「感じる」「少し感じる」と答えた人に、10年前より睡眠時間は短くなったかどうか聞くと、「短くなった」との回答は31.3%、「少し短くなった」は25.6%でした。これにより、物忘れが増えたと感じる人の56.9%が「10年前より睡眠時間が短くなった」ことがわかりました。一方「長くなった」の回答はわずか8.7%にとどまりました。

調査結果4. 物忘れが増えたと感じる人の約8割「日ごろストレスを感じている」
10年前と比べて物忘れが増えたと「感じる」「少し感じる」と答えた人を対象に、日ごろどのくらいストレスを感じているか質問しました。最も多かったのは「ややストレスを感じている」で50.2%を占めました。2番目は「とてもストレスを感じている」(26.9%)で、全体の77.1%が「日ごろストレスを感じている」ことが分かりました。

◆結果について
アンケート結果から10年前に比べ、睡眠時間が短くなり、日頃からストレスを感じている方が多いことがわかりました。ストレスは記憶を司る「海馬」にとって天敵のような存在で、「海馬」を萎縮させる原因の一つとされています。
一方、睡眠はストレスと切り離せない関係で、睡眠をとることは「脳の休息」になり、自律神経の働きが整うことでストレス解消やストレスへの抵抗力を高めることに繋がります。ストレスを感じていたら、意識的に睡眠の量・質を上げられるようにアプローチをしてみてはいかがでしょうか。より良い睡眠が「海馬」にも良い影響を及ぼします。
津下 裕貴 株式会社CogSmart 看護師(BrainSuite脳健康相談等を担当)

世界アルツハイマーデーについて

1994年9月21日、スコットランドのエジンバラで第10回国際アルツハイマー病協会国際会議が開催されました。会議の初日であるこの日を「世界アルツハイマーデー」と宣言し、アルツハイマー病等に関する認識を高め、世界の患者と家族に援助と希望をもたらす事を目的としています。
出典:厚生労働省HP 福祉・介護 世界アルツハイマーデー及び月間(令和5(2023)年度)なぜ9月21日なの?
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/alzheimerday2023.html

株式会社CogSmartとは


東北大学加齢医学研究所による脳医学研究の成果をもとに、AIによる認知機能低下リスク分析と対策アドバイスを可能にした、認知症リスク検査サービス「BrainSuite(R)(ブレインスイート)」を展開しています。「BrainSuite(R)」は、脳MRI画像のAI解析技術等を利用することで海馬の体積や萎縮程度を測定・評価し、同性・同世代と比較した脳の健康状態を可視化します。受検者にはBrainSuite(R)専用会員ページ「MyPage」が用意され、脳の健康維持・改善方法についてアドバイスを提供します。30代から70代の幅広い年齢層を対象に、「生涯健康脳」の実現を最新の脳医学の観点からサポートする認知症リスク検査サービスです。 URL:https://www.brainsuite.jp/

株式会社CogSmart(コグスマート) 会社概要

設立:2019年10月
代表者:代表取締役 社長 樋口 彰、代表取締役 最高科学責任者 瀧 靖之
本社:東京都千代田区平河町1-6-4
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ