クラウドファンディング(Crowdfunding)

クラウドファンディングとは、インターネット経由で不特定多数の個人から少額の資金を集める、資金調達方法のこと。一般大衆を意味する「Crowd(クラウド)」と資金調達を意味する「Funding(ファンディング)」を組み合わせた造語となっている。企業や個人事業主が、事業拡大や新規事業立ち上げの資金調達を目的に活用されることが多い。資金を提供した支援者がリターンを得られる投資型と、金銭以外のモノやサービスを受け取る非投資型にわかれ、さらに5つの種類の資金提供方法がある。

 

<クラウドファンディングの種類>

◆非投資型◆

・購入型クラウドファンディング・・・購入型クラウドファンディングとは、モノやサービスの制作費用として出資し、完成したモノやサービスをリターンとして受け取ること。
・寄付・募金型クラウドファンディング・・・寄付・募金型クラウドファンディングとは、その名の通り、出資した金額は「寄付」や「募金」として使われる。そのためリターンがない場合がほとんどとなる。環境保全や災害支援、難病を持つ人の支援など、共感性の高いプロジェクトで利用されることが多い。

 

◆投資型◆

・融資型クラウドファンディング・・・融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)とは、資金調達をしている企業や個人に対して、個人投資家が投資目的で資金を貸し付けること。投資家へのリターンは投資元本と金利を受け取ることができる。
・株式型クラウドファンディング・・・株式型クラウドファンディングとは、企業の株を購入することで資金調達に寄与する方法のこと。通常よりも少額で株を購入できるが、非公開株を取引するため、ハイリスク・ハイリターンであることが特徴的。
・ファンド型クラウドファンディング・・・ファンド型クラウドファンディングとは、個人投資家が応援したいプロジェクトに出資を行い、そのプロジェクトが生んだ利益に応じた分配金を受け取ることができる。ビジネスの成功によりはじめて利益が分配されるため、売上が大きくなればなるほど高いリターンが望める。そのため、ビジネスが成功するかどうかで大きく収益が異なる。