アフターデジタル(After Digital)

アフターデジタルとは、データ化できないオフライン(コンピューターネットワークにつながっていない状態)行動がなくなり、生活の中に常にオンラインが浸透している状態のことを指す。

オフラインを軸にデジタルの活用を考えるのではなく、オンラインを前提にデジタルを活用し、世の中の変化を考えるべきだという概念のこと。